現在の運行状況 現在、20分以上の列車の遅れはございません

高岡銅器の
置物
牛寿老
作家
津田大寿(鋳金・物故)
作者詳細
明治33年 東京美術学校鋳金科卒
大正8年 東京美術学校教授となる。
大正12年~14年、文部省の命により鋳金術および金工術研究のため欧米各国を歴遊。帰国後、ヨーロッパ工芸の新しい動向を広く紹介し、昭和2年、帝展工芸部の設置に尽力するなど、日本工芸界の発展に多大な功績を残した。
昭和21年 逝去
日本工芸美術会主宰
帝国美術院会員
帝国芸術院会員
材質
銅製
寸法
幅41×奥行12×高33cm
付属
化粧箱
高岡銅器とは
芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

沿線おでかけ情報

見事な創造力 津田大寿作品 高岡銅器/津田大寿作品 牛寿老 置物-置物

TK
阪急電鉄の交通広告